福島県漬物協同組合のサイト/「毎月21日は漬物の日」
福島県漬物協同組合
TEL 024-533-0202お問い合わせ
『毎月21日は漬物の日』
組織概要 組合員紹介 お問い合わせ

トップページ 組織概要 組合員一覧 特産品紹介 お問い合わせ


全日本漬物協同組合連合会
福島県の特産品

きゅうり漬 きゅうり漬

夏野菜の代表でもあるきゅうりは、浅漬で漬け込んで旬のうまみを味わうもよし、みそ漬や粕漬などの古漬けにもぴったりのレパートリーが多い漬物の一つです。きゅうりは全国的にみても、福島県で数多く栽培されている地域特産品です。

たくあん漬

たくあんは、ダイコンの米糖漬の総称になります。
ダイコンを充分に乾燥させ、食塩と米糠を混ぜたものに漬けて発酵させたものです。歯切れがよく、古くから親しまれている、代表的なお漬物です。福島県内でも製造されています。

たくあん漬

なす漬 なす漬

地方で栽培される品種は数十種あり、長茄子漬けや小茄子漬けなど、それぞれ特徴のある茄子漬があります。鮮やかな紫色を生かし、皮は柔らかく、実は硬くしまっているので、歯ざわりがよい漬物です。収穫したナスは、そのまま丸ごと漬け込みされるのが一般的です。

山菜漬

福島県は、山菜の宝庫でもあります。わらび、ぜんまい、うど、ふき、やまたけのこ、こごみ、みず等があり、寒い地方のものほど美味です。春先に芽生えた筋が少ない若取りの物が食べごろです。
山菜漬

みそ漬 みそ漬

みその風味がじんわりとしみこみ、奥深い香味と風味を材料に移した、歴史のある漬物です。近年は減塩漬になっているので、見かけの色ほど塩辛くなく、みその風味がまろやかな味付けとなっています。

このページのトップへ
福島県漬物協同組合/豊かな自然が育む福島の味
Copyright© 2006 福島県漬物協同組合. All rights Reserved.