日本全国の梅干し・梅漬け生産地情報サイト

6月6日は「梅の日」

 
「梅の日」には、みんなで梅を食べましょう!

 


和歌山県

和歌山県漬物組合連合会

 

和歌山県は全国の梅収穫量の6割を越える、日本一の梅の大産地です。

 

和歌山県産梅の約7割は、優良品種「南高」で、この南高を塩漬けし、天日で干し上げた「紀州梅干」は、薄皮で柔らかく果肉が厚くて大粒の梅干のトップブランドです。
 

群馬県

群馬県漬物工業協同組合

 

カリカリ梅、白加賀梅干

 

群馬県は全国第2位の梅生産地であり、東日本では一番の生産量を誇ります。

 

群馬の梅の代表品種である「白加賀」は、大粒で果肉は厚く、カリカリ梅や梅干のほか梅酒・梅ジュースなどの加工に適した良質な梅として有名です。

 

群馬県には梅の名所として3ヵ所の梅林があります。群馬県西部には榛名梅林(高崎市)、箕郷梅林(高崎市)、秋間梅林(安中市)の3つの梅林が広がり、「ぐんま三大梅林」と呼ばれています。

  


山梨県

山梨県漬物協同組合

 
甲州小梅、小梅干、カリカリ小梅漬
 
山梨県の小梅の生産量は、全国一を誇っています。製品の出荷量も全国第1位です。小梅が山梨で採れるのはもちろんですが、品種として甲州小梅という名前が付けられており、他県では例を見ません。
 
甲州小梅は、山梨で昔から栽培されており、甲府盆地周辺が主産地であり、特産品となっております。甲州小梅は、小梅の中で一番種が小さく、果肉のあつい品種です。
 
当組合では総力を結集して特産品である甲州小梅の栽培産地振興と更なる市場開拓を目的に小梅のPRに全力で取り組んでおります。
 

長野県

長野県漬物協同組合

 
竜峡小梅漬、カリカリ小梅漬
 
長野県は小梅生産量が、山梨県に次いで全国第2位です。中でも長野県産小梅生産量の90%が「竜峡小梅」。南信州の温暖な気候で育つ竜峡小梅は種が小さく果肉の厚い優良品種として知られており、青梅で収穫され、主にカリカリ漬けなどに加工されています。
 

神奈川県

神奈川県漬物工業協同組合

 
小田原梅干、小梅干、カリカリ小梅漬
 
小田原の梅干は鎌倉時代に北條氏が軍用として、足柄地方に於いて栽培を奨励したことで「曽我梅林」に代表される梅産地が形成されました。江戸時代には参勤交代の武士や箱根越えの旅人の土産、弁当の腐敗防止や駕篭かきなどの必需品として重用されていました。
 
曽我梅林には主な品種として「十郎」「白加賀」「杉田」など、約35,000本が栽培されています。花の季節には多くの観梅客の目を楽しませるだけでなく、収穫された梅の実は塩漬け加工されて、小田原箱根地方の名産「小田原の梅干」として全国に知られています。